• ホーム
  • まつげ育毛剤の処方は病院の眼科?皮膚科?

まつげ育毛剤の処方は病院の眼科?皮膚科?

目元の印象は顔の印象を左右する大きなものです。
そのため、女性の中には様々なグッズを使用しているという人も少なくはありません。
しかし、それらを使用した事により、本来のまつげにダメージを与えてしまっている可能性があります。
短く薄くなってしまったまつげを改善するためには、まつげ育毛剤が有効です。

まつげ育毛剤には、病院で処方してもらう事が出来る物もあります。
日本国内で購入するという場合には、美容外科もしくは美容皮膚科に相談をすると良いでしょう。
しかし、美容外科や美容皮膚科が近くに無いという場合や行きにくいと感じる場合には、眼科に相談をしましょう。
ただし、クリニックによっては美容目的での治療は行っていないという医師も少なからずありますので、あらかじめ確認をしておいたほうが確実です。

また、近年まつげ育毛剤の需要は急速に伸びてきており、内科クリニックでも扱っているところもあります。
基本的に、病院で処方されるまつげ育毛剤は診療科に関係なく、医師であれば誰でも処方することが出来ます。
まずは、近くのクリニックに相談をしてみると意外な診療科で扱っていることもあるかもしれません。

病院で処方されるまつげ育毛剤は市販されているまつげ美容液に比べて高い育毛効果を期待することが出来ます。
しかし、正しい使い方をしなければ思わぬ副作用に悩まされる可能性がありますので、医師の指示に従い、正しく使用するようにしましょう。

美容を目的としてまつげ育毛剤を購入するという場合には、保険が適用されないため、費用は全額自己負担となります。
なお、保険証の提示が必要となるところもあればそうではないところもあります。
そのため、購入費用はクリニックによって異なることがありますので、訪れる前に扱っているかどうかを確かめるとともに価格も確かめておくことをおすすめします。
クリニックによっては、ホームページなどで紹介している場合もあります。

主に皮膚科、眼科で処方されている

まつげを急成長させることのできる育毛剤は主に美容皮膚科、および一般的な病院であれば眼科で処方してもらうことが出来ます。
というのもこの育毛剤はもともと、緑内障治療のために処方される目薬をさした患者さんが、まつげが伸びてきたといった訴えを医師に申告したことがきっかけで誕生しており、点眼薬として使用することも当然可能だからです。
皮膚に塗布すれば育毛剤、点眼すれば高眼圧症治療薬として販売されています。

どちらにしても美容目的で使用する場合には保険が適用されず、治療費や医薬品代などはクリニック側の言い値になるので、できるだけコストを安く抑えたいならば多くの病院に問い合わせ、比較して見るのが良いでしょう。
中には数か月分まとめて処方してくれるところもあるので、通院の手間と診察料をカットすることが出来ます。

またこのまつげ育毛剤にはいくつかの種類もあり、クリニックによって扱っているものが違うケースもあります。
先発薬だけではなくジェネリック医薬品も積極的に処方してくれる医師であれば、さらに安価に抑えることも可能でしょう。
ジェネリックの育毛剤であっても美容液とは違って、早ければ二か月ほどで目に見える効果が得られるので、目元の印象はかなり変わります。

ただ中には諸事情によりどうしても医療機関を受診せずにまつげ育毛剤を手に入れたい、という女性もいるでしょう。
その場合にはインターネット通販の個人輸入代行サイトを利用して、直接買いつけるという手段もあります。
これらの育毛剤はすべて海外の製薬会社が開発、販売しているので、個人が自己での治療目的であれば医師の処方箋なしに買うことが出来るのです。
代行サイトは様々な手続きを請け負ってくれるので、簡単なステップで手に入れられます。

関連記事