• ホーム
  • まつげ美容液を使用すると失明するって本当?

まつげ美容液を使用すると失明するって本当?

長いまつげに憧れているという場合、まつげ美容液を使ってケアしてみるのがおすすめです。
しかし、まつげ美容液はデリケートな目元に使うものですし、成分の副作用や危険性などが気になっている人もいるかもしれません。
また、まつげ美容液を使ったら失明するのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。

まつげ美容液はもともと緑内障の薬から作られたものです。
副作用としてまつげが長くなったことに着目して作られているため、安全性についてはきちんと調査されていると言えます。
そのためこの商品を使ってまつげのケアをしても失明などの大きなトラブルは起こらないと考えられています。

まつげに関する商品としてはまつげ育毛剤というものもあります。
まつげ育毛剤は医薬品なのできちんと効果を実感できる成分が配合されています。
まつげ美容液は化粧品として分類されており、育毛剤と比べて作用が穏やかであることが特徴です。
育毛剤のように直接まつげを増やす効果などはありませんが、現在生えているまつげに対してアプローチすることができます。

まつげを綺麗にしたり、保護するための美容成分がメインとなっており、失明などの副作用のリスクはほとんどありません。
天然由来の成分で作られていることが多く、安心してデリケートな目元に使うことができるでしょう。
また、化粧品に分類されているので医薬品の育毛剤より手軽に購入できるというメリットもあります。

まつげ美容液は安全性が高いということですが、目に入ってしまったら悪影響を及ぼす可能性もあります。
そのためできるだけ目の中に入らないように使うことが大切です。
まつ毛美容液が目に入ってしまったらどんなトラブルが発生するのかきちんとチェックしておきましょう。

まずは配合されている防腐剤などが原因で目が充血してしまうことがあります。
特に肌の弱い人や敏感肌の人は充血しやすいとされており、使用する時には注意が必要です。
また、目元の皮膚はデリケートなのでちょっとしたことが刺激になってしまうことがあります。
まつげ美容液に刺激となる成分が配合されている場合、痒みが発生してしまうこともあるでしょう。

まつげ美容液で失明になったという報告は無い

こういうわけで、まつげ美容液の使用により失明するということはないと言えます。
しかしそれは、まつげ美容液を正しく使用した場合、それ自体には体に害はないという話であって、適正でない使い方をすれば危険を伴う可能性もあるので注意が必要です。

安全にまつげ美容液を使用していくためには、保存や使用中においてなるべく清潔を保ち、雑菌が繁殖したり不衛生な状態になることを避けるように心がけましょう。
不適切な管理によって成分が変化してしまい、トラブルに繋がるという危険性は十分に考えられます。

美容液を塗るためのチップやブラシを、べったりと目の粘膜に密着させるような使い方をすると、その道具に付着した雑菌が美容液の容器内で繁殖してしまう事態が考えられます。
目薬と同じように、皮膚や粘膜に過度な接触をしないよう塗布し、清潔に使い続けられるように気をつけて使用しましょう。

まつげ美容液や育毛剤についての基本的な調査では、目立った副作用やトラブルは報告されていません。
その効果の高さから多くの女性の人気を集め、その使用者は年々増え続けています。
しかし、どんな良薬であっても使用法を間違えてしまえば、毒にもなり得るのです。
きちんと清潔な管理をして、品質が変わらないように気をつけることが大切です。

目はとても繊細で、ちょっとしたことでも充血したり違和感が生じたりしてしまいがちです。
そんな目のふちに美容液や育毛剤を塗布するのですから、目に入らないように注意するのと同時に管理にも細心の注意を払い、安全に使用し続けられるように心がけましょう。
そして、トラブルや異常を感じた時には、速やかに眼科などの専門病院にかかるようにしてください。

関連記事